メタボリックシンドロームに気を付けて!
トップページメタボリックシンドロームとは?メタボリックシンドロームのリスクメタボリックシンドロームの予防・改善
メタボリックシンドロームとは?
メタボリックシンドロームはどうして怖いのか?
メタボリックシンドロームは、食べすぎ、運動不足など不健康な生活習慣によって、内臓脂肪が蓄積され、脂質異常・高血糖・高血圧など、動脈硬化のリスクが重なった状態のことをいいます。一つひとつは軽症でもリスクが重なることで、動脈硬化を急速にすすめるリスクが高まります。
動脈硬化は自覚症状がないまま進行するのが特徴です。そして、心臓病や脳卒中といった命に関わる疾患を突然引き起こす原因となります。
こんな人がメタボ!
腹囲
+
動脈硬化のリスク
@脂質
 
A血糖値
 
B血圧
腹囲が基準値をオーバー(内臓脂肪の蓄積)していて、脂質、血糖値、血圧の3項目のうち2つ以上が基準値を上回るとメタボリックシンドロームと診断されます。
ページの先頭に戻る
メタボリックシンドロームとは? メタボリックシンドロームのリスク メタボリックシンドロームの予防・改善