健康保険のこんなときどうするの? 会社をやめたとき

被保険者が退職すると、その翌日に被保険者の資格を失いますが、一定の条件を満たしている場合には健康保険の継続給付や、引き続き健保組合に加入できる任意継続の制度もあります。

退職後の継続給付

退職前に継続して1年以上被保険者だった人は、退職したあとも、それまで受けていた傷病手当金や退職後一定期間内の出産、死亡に対して、保険料を納めなくても次のような保険給付が受けられる場合があります。

  • 傷病手当金・出産手当金
    引き続き1年以上被保険者だった人が退職前に給付を受給中または、受ける条件を満たしている場合は、請求できます。
  • 出産育児一時金
    引き続き1年以上被保険者だった人が喪失後6ヵ月以内に出産をしたときは、出産育児一時金が受けられます。
  • 埋葬料(費)
    喪失後3ヵ月以内に死亡したとき、埋葬料(費)が受けられます。この場合には、退職前に1年以上被保険者であったという条件はありません。

引き続き個人で加入する任意継続被保険者

被保険者期間が2ヵ月以上あった人は、退職後も引き続き2年間は、「任意継続被保険者」として個人で健康保険の被保険者になることができます。
保険給付は一般の被保険者と同じ給付(出産手当金と傷病手当金を除く)を受けることができます。
ただし、保険料は全額自己負担となります。
退職の翌日から20日以内に「任意継続被保険者資格取得申請書」等の必要書類を提出してください。