健康保険のこんなときどうするの? 病気・けがをしたとき

被保険者、被扶養者ともに、健康保険を扱っている医療機関の窓口で保険証を提示すれば、医療費の一部を支払うことにより必要な医療を受けられます。また、医師から処方箋をもらったときは、保険を扱っている薬局で調剤してもらえます。

療養費の給付・家族療養費

医療機関にかかるつど、次の一部負担金を窓口で支払えば、残りの医療費は健康保険組合が負担します。

医療費の一部負担金

〈被保険者〉
70歳未満の人   医療費の3割
70歳以上75歳未満の人   医療費の2割(現役並み所得がある人は3割)
※昭和19年4月1日以前生まれの人は1割
〈被扶養者〉
義務教育就学前の乳幼児   医療費の2割
義務教育就学以上
70歳未満の人  
医療費の3割
70歳以上75歳未満の人   医療費の2割(現役並み所得がある人は3割)
※昭和19年4月1日以前生まれの人は1割

入院中の食事代

入院中の食事は、1食につき460円(低所得者・市町村民税非課税者等は減額)の標準負担額を支払うことになっています。

療養病床入院中の食費・居住費

65歳以上の人が、療養病床(慢性病の人が長期入院する病床)に入院中にかかる食費・居住費は、1食460円と1日370円を支払うことになっています(生活療養標準負担額)。低所得者・市町村民税非課税などの方、入院医療の必要性の高い方などには減額措置もあります。

高額療養費

医療機関で支払った自己負担額が、一定の限度額を超えると、超えた分が高額療養費として、あとで健保組合から払い戻されます。
ただし、医療機関の窓口に保険証と「限度額適用認定証」を提出すれば、限度額を超える分の支払は必要なくなります。「限度額適用認定証」は、事前に健保組合に申請すれば、交付されます。