健康保険のこんなときどうするの? 結婚したとき

結婚して、被保険者に妻や子などの扶養家族が増えたときには、その家族も健康保険の給付を受けることができます。そのためには、健康保険の被扶養者に該当することの認定を受けなければなりません。

被扶養者になるための条件

健康保険の被扶養者になるためには、次の2つの条件を満たすことが必要になります。これらを証明する書類を添付し、職場を経由して健保組合に届出をしてください。

1)  被扶養者の範囲に含まれていること。
2)  扶養家族が、主として被保険者の収入で生計を維持していること。

被扶養者の範囲とは

同居でも、別居でもよい人 ・・・   被保険者の父母、祖父母などの直系尊属、配偶者、子、孫、および兄弟姉妹で、主として被保険者の収入により生計を維持している人。
同居が条件の人 ・・・・・・・・・・  被保険者と同居して、主として被保険者の収入により生計を維持している上記以外の三親等内の親族。

氏名が変わったら保険証の手続きを

結婚して被保険者の氏名が変ったら、「被保険者氏名変更届」に保険証をそえて提出してください。